予防歯科を推奨するクリニックが多い

歯科治療

歯が痛くなってから歯医者に行くのは遅すぎると言われており、これは虫歯がすでに進行しているからです。なんとなく歯がヒリヒリする、冷たい飲み物を飲むとしみる、という人も注意が必要です。川越の歯医者は虫歯の予防のために、予防歯科を導入しているところが多く、年に2~4回程度の歯科健診を推奨しています。口腔環境は人によって違いが見られるので、健診の頻度は3か月に1回を推奨される人もいれば、6か月に1回で問題ない人もいるのです。予防歯科に注力する川越の歯医者は、痛くさせないことに注力しています。生涯における歯科医療の治療費を見ると、虫歯が発生してから対処するより、予防したほうが結果的に費用を削減できます。

歯石除去のためにも定期通院を

歯科矯正

歯石は自力で落とすことが難しいため、川越の歯医者で定期的に除去してもらいましょう。近年は通販で歯石除去キットを購入できますが、自分で挑戦すると歯や歯ぐきを傷めてしまう可能性があります。プロによる歯石除去であれば、見えないところに隠れている縁下歯石も除去できるのです。歯石の溜まりやすさには個人差がありますが、3か月に1回の頻度で通院すれば蓄積を防げます。歯石を除去する最大の目的は歯周病の予防であり、高齢になっても自分の歯で食事をしたい方にとって必要です。また口臭の予防も期待できるため、歯を磨いてもすぐに臭いがする、口内がベタベタする、といった方も歯石除去を活用してください。

レーザー治療を用意するクリニック

歯科医

川越の歯医者には炭酸ガスレーザーを導入するクリニックがあり、身体に負担をかけずに口腔疾患を解消できるのが強みです。歯医者といえば歯と歯ぐきの施術だけだと思われがちですが、口内炎の治療にも対応しています。口内炎は飲み薬で改善させるのに時間がかかるため、すぐに痛みを取り除きたい場合にレーザー治療が活用されています。細胞の再生能力を活発にさせる作用により、炎症の改善を促進させるわけです。炭酸ガスレーザーは歯周病治療にも活用されており、原因菌を抑える働きがあります。歯周病に悩んでいる方は歯周病菌が大量に繁殖し、強い口臭を伴っていることが多いです。歯周病対策では歯石の除去やクリーニングが大切ですが、それに加えて歯周病を減少させることが重要になります。炭酸ガスレーザーは知覚過敏の治療も可能で、歯がヒリヒリする頻度が増えたという方におすすめです。知覚過敏用の歯磨き粉を使用しても痛みが改善しない場合は、薄くなった象牙質にアプローチしていく必要があります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中